≫テネシーローズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テネシーローズのオクターブ・ピッチ調整

テネシーローズ☆   まずはわがテネシーローズの紹介から。

6119-HTのタイプで、ピックアップは「ハイロートロン」のシングルコイルピックアップが2基マウントされています。
Fホールはダミーです。

オクターブ・ピッチ調整で重要になってくるブリッジ
(弦をのせるパーツ、弦を引っ掛けるところはテイル・ピースといいます。)

わがギターのブリッジはシンプルでかっこいい「ロッキング・バー・ブリッジ」。カッコイイのはイイが、問題点もあり、

① ブリッジがギター本体に固定できない(弦を張って押さえつけてとまっている)
② 各弦ごとの弦高調整・ブリッジの前後位置調整は、1本ずつの調整ができない(ブリッジが一本の金属で出来ている)

個人の好みで、他にもあるかもしれませんが、問題点はおおまかにこの二つだと思います。


最近、GRETSCHのHPを見たら、ブリッジが固定できるタイプのテネシーローズが発売されていた・・・


さて、本題の「オクターブ・ピッチ調整」ですが、

テネシーローズ オクターヴ・ピッチ調整①  ②テネシーローズ オクターヴ・ピッチ調整②  ③テネシーローズ オクターヴ・ピッチ調整③  ④テネシーローズ オクターヴ・ピッチ調整④
弦高 12フレット  ⑥弦高 ブリッジ


わがギターの場合、ピックガード側はゼロフレットから約640ミリ(画像①②参照)
反対側は本体のカドから約285ミリ(画像③④参照)

にすると、ほぼ全ての弦でピッチが合いました。

弦高に関しては、個人の弾きやすさや、ギターの反りによって変わってきますので、ご注意ください。

わがギターの場合は平均的な弦高だと思います。(画像⑤⑥参照)


しかし、

実はこのタイプのブリッジで全ての弦のピッチを合わせるのは無理

ですので、若干のずれはあります。気にする人はこの手のギターは買わないほうが得策だと思います。

ちなみに、「オクターブ・ピッチ」って何?という方もいらっしゃるかと思います。

オクターブ・ピッチとは、ギターの各弦をそれぞれ

① 開放弦で弾いたとき
② 12フレットを押弦して弾いたとき
③ 12フレットでハーモニクスを弾いたとき

の上記三つの全てが同じ音になること(厳密にはオクターブの差があること)です。
三つが同じ音になって初めて、「オクターブ・ピッチが合っている」といえます。

同じ音といっても、開放弦の音と12フレット押弦の音は「1オクターブ」の高さの違いがあります。

  ※ レギュラーチューニングでは6弦開放の音は『E(ミ)』ですよね。そのまま6弦上をF、G、A・・・
    と追っていくと、12フレットでまた『E(ミ)』になります。でも、同じ『E』でも、12フレット
    のほうが何となく音が高い気がしませんか?その高さの違いが「オクターブ」です。


「オクターブ・ピッチが狂っていると、どうダメなんだよ!」

と思われる方もおられるかと思いますが、オクターブ・ピッチが狂っていると、

開放弦以外の音は全てずれていることになります。

ただし、高フレットになればなるほどずれが大きくなるので、低フレットでは気づかないと思いますが、

「オープンコードで弾いているときはイイけど、高フレットでソロ弾いているとなんか音に違和感がある」

という状態になるのです。

なので、オクターブ・ピッチはちゃんと合わせて弾きましょう。



めざせ!きれいな音のテネシーローズ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

あひる

Author:あひる
富山県氷見市はイイところ!
ギターも楽しいイイ楽器!

所持ギターは
GRETSCH:テネシーローズ(HT)
FENDER(J):テレキャスター
EPIPHONE:DOT
YAMAHA:SuperR’nroller400


氷見市在住のギター青年です。

リンク
オススメのHPやブログです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
9863位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
377位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
よかったらクリックをお願いします。 励みになるので。

FC2Blog Ranking

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。