FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHAのストラト改造その3

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

前回のつづき。

さて、なんとスイッチが大きくておさまらなかった

YAMAHAストラト改造⑰  ←こんな風にスキマができるんです

ということで、次の日、さっそくホームセンターで削る用のビットを買いました。


YAMAHAストラト改造 22   YAMAHAストラト改造 21   YAMAHAストラト改造⑱

左から、15mmの「テクノビット」(初めてみました)、この日購入したもの(ビット、電線,熱収縮チューブ)

いちばん右は買った電線の種類


熱収縮チューブは、熱を加えると縮む絶縁体です。

電線を継ぎ足した部分が他のところに当たっても大丈夫なように、保護用としてかぶせることにしました。

電線は、予備として購入。1メートルあたり50円くらいです。

この日買ったものは全部で1200円くらい。ビットが1050円くらいでした。



家に帰って、さっそく削り作業開始。ギター本体に手を加えるのは初めてなので、緊張しながらトライ。

YAMAHAストラト改造 24 電動ドリルに先述のテクノビットをセットして、少しずつ削ります。20mmくらい削り(掘り)ました。


YAMAHAストラト改造 23
こちらは、熱収縮チューブを使った電線の接続部。僕ははんだごてでやりました。かなりいびつです(^_^;)
でもこれで、他の所と絶縁できるので、ショートを防げます。



少しずつ削りながら掘っていき、20mmくらい掘ったところでOK!

スイッチをあわせると

YAMAHAストラト改造 25  ぴったり!よし!


ここまでくると嬉しくてテンションが上がります(笑)


ピックアップを留めているビスを新しいものに交換し、ピックガードのビスも同様に交換。

取り外した各ツマミをもとに戻し、新しい弦を張って、

さぁ、鳴るか!?

まずはチューニングがてらチューナーで確認。


あれ!?フロントしか反応しない・・・

もういい!(笑)

とりあえずチューニングを合わせて、アンプで鳴らしました。



何度弾いても、フロントしか鳴らず。

配線を間違ったようです。

とりあえず、フロントしか鳴らなかったものの、スイッチ交換には成功ということにしてひと段落。


一服。冷静に考える。



直すには、また弦をはずして、ピックガードはずして・・・


さすがにこの日にやる気にはなれず、配線は後日また直すことにして、

トレモロユニットをフローティング(浮かせる)させるように調整することにしました。


また次回に続きます。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

Track Back

検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

あひる

Author:あひる
富山県氷見市はイイところ!
ギターも楽しいイイ楽器!

所持ギターは
GRETSCH:テネシーローズ(HT)
FENDER(J):テレキャスター
EPIPHONE:DOT
YAMAHA:SuperR’nroller400


氷見市在住のギター青年です。

リンク
オススメのHPやブログです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4179位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
179位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
よかったらクリックをお願いします。 励みになるので。

FC2Blog Ranking

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。