FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレキャスター修理①ガリを無くそう

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

あけましておめでとうございます。

2012年の1発目の記事は、前回の続き、テレキャスター(フェンダージャパン)について

ガリを直した様子を書いていきたいと思います。


修理前のテレキャスターの状態は

・ピックアップ切り替えスイッチを動かすと、ガリが出る

という状態。長く使うとよく出る症状です。


※ガリについてはこちらを参照ください。


修理は簡単、アンプの時と同じで『ガリが出る部分に接点復活剤を吹き付ける』です。

※接点復活剤についても、上記のリンクを参照ください。



今回はピックアップ切り替えスイッチの異常なので、コントロールパネルをはずします。

  ※テレキャスターはすべてのスイッチがコントロールパネルにマウントされているのではずしますが、

   レスポールなどの場合は切り替えスイッチのみをはずします。


テレキャス修理① テレキャスターのコントロールパネル


テレキャス修理② はずしたところ ※ビスはマイナスです。


テレキャス修理③  
黒色のキャップをはずし、スイッチをパネルにとめているビスをはずしてスイッチだけにします。
 ※ビスはマイナスです。


テレキャス修理④
さっきの写真の裏側。左右にツメが4つでとまっているので、ツメをはずして中身を露出させます。
 ※けっこうきつくとまっているので、無理やりやると破損してしまいます。
  細めのドライバーなどをはさみながら、ゆっくり丁寧にやりましょう。


テレキャス修理⑤
スイッチ内部。左側と右側の金属部分に接点復活剤を吹き付けて、綿棒などで拭き取ります。


逆の手順で本体にセットして、完了!!

ここでは、スイッチをパネルに戻す前に、試奏してガリが出ないかチェックしましょう。



注意点としましては、

・僕のテレキャスター(フェンダージャパン)は、ビスがすべてマイナスの頭でした。
 他のギターはプラスの頭のモノも多いので、ドライバーは両方そろえること。

・作業工程を写真に撮るか、メモをとること。
 (部品の左右や上下などが戻すときにわからなくなってしまいます。)



です。結構簡単ですし、みなさんもやってみましょう!!




これでまた愛着も湧きますし、何よりもストレスがなくなるのがイイ!!



ガリは耳障りなだけでなく、ステージなどでは大音量で機材をセッティングしているので、

そのときに発生すると最悪です。

客は眉をひそめて耳をおさえて・・・興醒めもいいとこです。(一度そんな場面をみたことがあります)



なので、少しでもガリが出るようになってきたら、すぐに直しておくことをオススメします。




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

Track Back

検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

あひる

Author:あひる
富山県氷見市はイイところ!
ギターも楽しいイイ楽器!

所持ギターは
GRETSCH:テネシーローズ(HT)
FENDER(J):テレキャスター
EPIPHONE:DOT
YAMAHA:SuperR’nroller400


氷見市在住のギター青年です。

リンク
オススメのHPやブログです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4284位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
184位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
よかったらクリックをお願いします。 励みになるので。

FC2Blog Ranking

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。