≫ギター修理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりのギター修理

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

久々に記事を書きますが、やってることは大して変わらずやっぱりギターの修理です。

YAMAHA SR400のミドルポジションが音が出なかったんですが、

しばらくそのまま弾いていました

さすがに直すかと思い、また半田付けの日々!!

ちゃんと直って、今はすごくいい音出てます!!

スポンサーサイト

YAMAHA レスポール SL500S

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

さて、前回の記事でご紹介した

『YAMAHA SL500S』ですが、やはり中古、そして年代物とあって、

傷などが多いです。これは仕方ないところもあるので、普通に弾ける状態だったことで御の字と思いましょう。


実際、憧れのレスポール(本家ではないですが)モデルを手に入れたことを素直に嬉しく思っています。

YAMAHA レスポール SL500S  チェリーサンバーストのSL500S☆


音は、購入して2日目の現在、わかった範囲で言えば、やっぱり太い音。という鳴り。素晴らしい。

本家のギブソンではないにせよ、いいつくりだと思います。さすがYAMAHAですね。

YAMAHA レスポール SL500S ヘッド  ヘッドロゴはもちろんYAMAHA


今までの使用者の方も大切に扱ってた(?)のかもわかりませんね。

なんせこいつは1970年代後半だけしか販売されてなかったギターなので、もう30年以上前のギター。

しつこいですが、僕の感覚からいうと、ちゃんと鳴るだけでも御の字。


あまりにいい音(個人的感覚ですよ)なので、シングルコイルギター推進者の僕ではありますが、

ここにきてダブルコイルの魅力も味わってしまい、甲乙つけがたい!!(笑)



ただ、ストラップピンを留めているビスがズボズボで、引っ張っただけですぐ抜けてしまうので、

ビスを、昔買ったフェルナンデスのギター(今はパーツ取り用ジャンクになってしまった)から

取り、交換しました。

YAMAHA レスポール SL500S ストラップピン1    YAMAHA レスポール SL500S ストラップピン2    YAMAHA レスポール SL500S ストラップピン ビス

左から、購入時の状態のピン・抜ける様子・交換するビス(左がもともとのビス)


ギター本体にビスが入る穴が、大きくなってしまっていてビスが効かない状態だったので、長いビスにしました。

このような場合、同じ長さの太めのビスを使用してビスを効かせるのが一番いいのですが、

最初は太いビスに交換しようとしたんですけど、ピンの穴が小さめで入らなかったので、

同じような細い長めのビスにしました。



これでストラップピンもOK!!さあ、ストラップをかけて立って弾きまくります。


YAMAHAのストラトキャスター(JUNK扱い)復活2

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

先日の記事の続き、

YAMAHAのストラトキャスターコピーモデル『SuperR'nroller400』

通称SR400の修理の様子です。

今回の故障箇所(音が出ない原因)は、ジャック内部のツメが折れていることなので、

ジャックのみを交換しました。


ヤマハ ストラト⑧  こいつが問題のジャック



今回のギター修理は、
 ・舟形のジャックプレート
 ・差し込み部分のアウトプット(モノラル)

の交換です。


ヤマハ ストラト修理⑧ 楽器屋さんで購入したパーツ(約1000円)
左から、ジャックプレート、アウトプット(モノラル ギター用)、楽器用はんだ
 ※アウトプットにおおきなツメがありますが、このギターはこれが折れてなくなっているので
  差し込みのシールドとの接点がなくなり、音が出ないというワケです。


ヤマハ ストラト修理⑨ ホームセンターで購入した道具(約5000円)
左から、ピンセット、手動はんだ除去器、はんだごて(30W)、はんだごて専用スタンド



まずはジャックを取り外します。これはビス2本でとまってます。

ヤマハ ストラト修理⑥ アウトプット中身です。

みごとにツメがない。多分リサイクルショップ側で、折れた部分は取ったんでしょう。



次はアウトプットにつながれている電線をはずします。はんだづけされているので、はんだを溶かしてはずします。

  ※はずす前に必ずメモか撮影をしておくこと。

ヤマハ ストラト修理⑪  ヤマハ ストラト修理⑲ 専用スタンド

舟形プレートからはずして、何かで固定して動かない状態にしたら作業しやすいですよ。
今回は大きめのクリップではさみました。それと、はんだごては高温になりますので、必ず専用スタンドを使用しましょう。


溶かしたはんだは除去器で吸い取ります。

ヤマハ ストラト修理⑫
  
  ※除去器には手動のペンと、吸着テープ(?)がありますが、
  僕は学生時代にこのペンタイプを使っていたので、慣れているペンにしました。

  仕組みは、中は空洞で上部にばねが仕込んであり、そのばねを縮めてセットして、ボタンでばねを戻します。
  その時の勢いで溶けたはんだをポンプのように吸い取る仕組みです。結構気持ちイイですよ☆


取り外したら、電線の先を少しカットします。切りすぎに注意!
ですが、古いはんだが付いているとやっかいですので、もともとの接続部分はぜんぶ切りましょう。
新しい芯線を出して、はんだでコーティングします。

ヤマハ ストラト修理⑭  切って出した新しい芯線。

指でねじって、まとめてからコーティングします。

ヤマハ ストラト修理⑮  ヤマハ ストラト修理⑯
コーティング後。そして取り付けやすいように、先をカギ型に折り曲げます。


このギターにはアウトプットに2本の電線がつながれているので、
取り外したのと同じ要領で新しいアウトプットに取り付けます。

ヤマハ ストラト修理⑰  取り付けたところ


ヤマハ ストラト修理⑱ 舟形プレートに取り付け、そのあと本体にも取り付け。


そのあとアンプにつないでチェック!ばっちり音が鳴りました~♪♪

ヤマハ ストラト修理⑳


よかったよかった☆



今回使用したパーツは、「guitar man」とうメーカーのもので、

フェンダージャパンのギターに使われているものです。(by 開○堂楽器 イオンモール高岡店の店員)




はんだごてについて

 ・はんだごては、高温になりますので取扱いには注意しましょう。

 ・専用スタンドにはスポンジが付属しますので、このスポンジに水を含ませて、

  はんだを付けたり外したりしたあとに、ちくいち冷やしましょう。

  先端についたはんだも冷えて固まってポロポロとれますよ。

  先端にはんだが残っているとちゃんとはんだづけできないのでここはきちんと行いましょう。

 ・今回は30Wのものを使いましたが、使用用途によってワット数が変わってきます。

  ワット数が高いものは、取り付けるパーツなどが熱でイカれてしまうこともあるので、

  そこもちゃんと考えて使用しましょう。

 ・不安な場合は店員さん(ギターリペアができる人)に相談しましょう。


さて、更新が少し遅れてしまいましたが、なんとかジャックを無事に交換することができました。

本体が3000円、パーツが1000円、はんだごてなどはこれから他の修理にも使いますので

よかして考えると、

YAMAHA製ストラトキャスターが4000円で手に入った(中古ですが)という感じです。

それに、修理の知識や技術も身についていくことになりますので、これも役に立ちますよね!

簡単な修理くらいは自分でできたほうが、節約にもなりますし仕組みもわかって便利です。

そして楽しい!また愛着が湧きます☆





YAMAHAのストラトキャスター(JUNK扱い)復活1

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

今回もまたギター修理の記事を書きます。

今回修理したのは、YAMAHAのストラトキャスター(コピー)モデル

SuperR'nroller400」です。

通称では「SR400」と呼ぶそうなんですが、YAMAHAのSR400っていったら、

普通はバイクですよね。まぎらわしい!


ヤマハ ストラト①



年明け早々、おとなり石川県のリサイクルショップで購入しちゃいました。

なんと3000円。実はジャックが壊れていて音が出ないので、ジャンク品扱いになっていました。

このギター、YAMAHAのHPで調べたところ、1976~1979年まで製造、販売されていたモデルで、

30年以上前のギターでした。

当時の価格(メーカー希望価格)で4万円です。




ストラトキャスター(本物はフェンダー社製)といえば、その完成度の高さや対応できる音の幅の広さなどから、

レスポールと並ぶ2大エレキギターのひとつです。

フェンダーUSAの新品はだいたい25万前後でしょうか。

今回のはYAMAHA製で本家ではないですが欲しかったので即買いしました。


ジャック内部のツメが折れているとのことでしたので、楽器屋さんに行ってパーツを購入し、

あわせてホームセンターではんだごて等を購入。

ギターのパーツ交換は初めてでしたので少し時間がかかりましたが、なんとか音が鳴るようになりました!



今回の記事では、修理前のギターの写真(各部分)を貼っておきます。


ヤマハ ストラト②   ヤマハ ストラト③   ヤマハ ストラト④   ヤマハ ストラト⑤

左から、ヘッド、フレット、ピックアップ、ブリッジ



ヤマハ ストラト⑥   ヤマハ ストラト⑦   ヤマハ ストラト⑧   ヤマハ ストラト⑩

左から、スプリング、ペグ、問題のジャック、ピックアップセレクター



こんな感じです。

年季が入っているというか、もともと白い部分が黄色く変色(ピックアップやノブなど)

しているのは味があってイイなぁと思ってます。

ピックアップセレクターは少し曲がってますが、問題ない程度です。

金属部分はやっぱりサビてます。

音が出ないので、リサイクルショップでは全体的に未チェックのままでしたが、

おそらく、音が鳴るようにするにはジャックのみを交換すればイイという状態です。

ジャック以外の金属類や他の部分などは、そのあと考えます。

エレキギターなので、まずはアンプにつないで音が鳴らないと話にならないですよね。



ちなみに、YAMAHAのHPによると、この通称SR400のカラーは

サンバーストかナチュラルのみらしいんですけど、僕が買ってきたのはブラックです。おかしい。

もう少し調べると、SR400、450S、500、550S、700と全部で5種類あることがわかり、

450Sのタイプでブラックが生産されていたみたいです。

ですが450Sのヘッドの写真を見ても、僕のとはロゴが違い、

僕のやつのロゴは400のタイプのものです。

シールを貼ってある感じもないので、このヘッドは間違いなく400のものだと思います。

おかしい。(笑)


考えられるのは、

・ヘッドは400でボディは450S(もしくは他のストラトモデル)という、いわゆる移植パターン。

・カラーが気にいらなくて、400のボディを黒く塗装したパターン。



公式HPには載ってないですが、もしかしてブラックも生産されてたのかな!?

だったらいいのになぁ。でも確かめようもないですので、あまり深く考えないことにしました。(笑)



次回からは、修理の様子を写真も交えて書いていきます。


最近テネシーローズの記事が少ないですが、テネシーローズはちゃんと毎日弾いてます。



目指せ!少しのトラブルくらいなら自分で直せる!

そんな便利なギター弾きの弾く、キレイな音のテネシーローズ!


 


テレキャスター修理①ガリを無くそう

テネシーローズ愛用者のみなさま、富山県氷見市に縁のあるみなさま、こんにちは。

あけましておめでとうございます。

2012年の1発目の記事は、前回の続き、テレキャスター(フェンダージャパン)について

ガリを直した様子を書いていきたいと思います。


修理前のテレキャスターの状態は

・ピックアップ切り替えスイッチを動かすと、ガリが出る

という状態。長く使うとよく出る症状です。


※ガリについてはこちらを参照ください。


修理は簡単、アンプの時と同じで『ガリが出る部分に接点復活剤を吹き付ける』です。

※接点復活剤についても、上記のリンクを参照ください。



今回はピックアップ切り替えスイッチの異常なので、コントロールパネルをはずします。

  ※テレキャスターはすべてのスイッチがコントロールパネルにマウントされているのではずしますが、

   レスポールなどの場合は切り替えスイッチのみをはずします。


テレキャス修理① テレキャスターのコントロールパネル


テレキャス修理② はずしたところ ※ビスはマイナスです。


テレキャス修理③  
黒色のキャップをはずし、スイッチをパネルにとめているビスをはずしてスイッチだけにします。
 ※ビスはマイナスです。


テレキャス修理④
さっきの写真の裏側。左右にツメが4つでとまっているので、ツメをはずして中身を露出させます。
 ※けっこうきつくとまっているので、無理やりやると破損してしまいます。
  細めのドライバーなどをはさみながら、ゆっくり丁寧にやりましょう。


テレキャス修理⑤
スイッチ内部。左側と右側の金属部分に接点復活剤を吹き付けて、綿棒などで拭き取ります。


逆の手順で本体にセットして、完了!!

ここでは、スイッチをパネルに戻す前に、試奏してガリが出ないかチェックしましょう。



注意点としましては、

・僕のテレキャスター(フェンダージャパン)は、ビスがすべてマイナスの頭でした。
 他のギターはプラスの頭のモノも多いので、ドライバーは両方そろえること。

・作業工程を写真に撮るか、メモをとること。
 (部品の左右や上下などが戻すときにわからなくなってしまいます。)



です。結構簡単ですし、みなさんもやってみましょう!!




これでまた愛着も湧きますし、何よりもストレスがなくなるのがイイ!!



ガリは耳障りなだけでなく、ステージなどでは大音量で機材をセッティングしているので、

そのときに発生すると最悪です。

客は眉をひそめて耳をおさえて・・・興醒めもいいとこです。(一度そんな場面をみたことがあります)



なので、少しでもガリが出るようになってきたら、すぐに直しておくことをオススメします。




検索フォーム
RSSリンクの表示
プロフィール

あひる

Author:あひる
富山県氷見市はイイところ!
ギターも楽しいイイ楽器!

所持ギターは
GRETSCH:テネシーローズ(HT)
FENDER(J):テレキャスター
EPIPHONE:DOT
YAMAHA:SuperR’nroller400


氷見市在住のギター青年です。

リンク
オススメのHPやブログです。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
5442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
224位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
よかったらクリックをお願いします。 励みになるので。

FC2Blog Ranking

広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。